SunSeed
information
『Cloud・IT ビジネスメッセ 2019 in 名古屋』に出展参加について

2019年10月9日(水曜日)、
“愛知県産業労働センターウインクあいち”にて開催される『Cloud・ITビジネスメッセ 2019 in 名古屋』に出展します。

◆出展内容 : DEFENDER-X ( 人の精神状態(感情)を自動的に解析し、犯罪の可能性がある人物を事前に検知する、次世代のセキュリティシステム )
DEFENDER-X Plus ( DEFENDER-X のプラグイン機能拡張ソフトウェア( メール通知/インターネット対応 ) ※サンシード製品 )
Mental – Checker ( わずか一分間の測定により精神状態の自動判定が可能な精神判定ソフトウェア )

【製品概要】
◆DEFENDER-Xの特徴
DEFENDER-Xは人の精神状態(感情)を自動解析し、犯罪の可能性がある人物などを事前検知します。
既存の防犯システムへの付加も容易で用途に合わせた様々な御活用を頂けます。
・不審者を入場時点で事前に検知し備考及び救援要請することにより犯罪を未然防止
(従来の監視カメラシステムでは犯罪行為の記録しか残りません)
・照合データベースは不要、不特定多数から不審者を事前検知
(犯罪者のデータベース「顔認証・パターン認証」照合方式はデータ外検知は不可です)
・リアルタイム監視映像はもちろん過去の録画映像からも不審者の検知
(犯罪者の特定と事件の早期解決及び抑止力に寄与)
※オプション機能となります。
・既存の監視カメラシステムへの付加が容易で既存のシステムに影響を与えない
(既存システムの活用が可能のため省コスト導入が可能)
・導入用途も多彩です、外部及び内部の犯罪防止の強化はもとより薬物による被害防止します。

本ソフトウェアは、犯罪する可能性がある人物を事前に特定することにより、
予備行動(監視等)を出来るだけ早く行うことにより、犯罪を未然に防ぐことが目的です。
犯罪者を特定するシステムではございません。

◆Mental – Checkerの特徴
Mental-CheckerはVibraImage技術により開発された精神判定ソフトです。
VibraImage技術は、市販のデジタルカメラ、ウェブカメラ、テレビカメラなどによる情報と画像処理によって、
人物の微細動を解析する技術です。人間の頭部の微振動は、
人物のVER(vestibular-emotional reflex 前庭器官・感情的な反射)とリンクし、感情の状態を反映します。
Mental-Checkerは、3次元解析した頭頸部の動きと複数のビデオフレーム内の情報をフレームの差分として集積し、
人物の感情の動き及び変動を検出します。
企業(従業員50名以上)に義務付けられたストレスチェックなどに最適なシステムです(働き方改革)
・わずか一分間の測定により精神状態の自動判定が可能
・非接触型の測定システム
・周期測定により精神状態の変化の比較分析が可能
・医療機関との共同研究により将来病状の予測の可能性
・用途はパイロット・運転手はもとより、企業・学校その他のトラブル防止に有効
・オプション機能としまして統計を取ることも可能

◆会場   : 愛知県産業労働センターウインクあいち (5階・6階)
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38 (名古屋駅より徒歩5分)

◆日時   : 2019年10月9日(水曜日)
00時00分 ~         基調講演
10時30分 ~ 18時00分 展示会

◆サイト  : 準備中
第1特別基調講演 10:30~12:00 『 Why Japanese people!?クラウドでニッポンがこんなに便利になるよ! 』  厚切りジェイソン 氏
第2特別基調講演 16:00~17:30 『 AI・IoTが変えるこれからの企業や情報社会のあり方 』           津田 大介 氏 (ジャーナリスト)

◆備考   : ご来場の申し込みサイトは準備中です。